来年も胡蝶蘭を楽しむために 胡蝶蘭 ギフト。

ギフトで頂いたりしたときに来年も胡蝶蘭を楽しむための方法をご紹介しています。

胡蝶蘭とは

 >  > 来年も胡蝶蘭を楽しむために

胡蝶蘭の育て方

胡蝶蘭栽培カレンダー

胡蝶蘭の生育状態
4月~9月 生育期
10月~11月 花芽分化期
12月~3月 開花期
胡蝶蘭の置き場・日当たり
10月~5月中旬 室内 (15℃以下に保つ
5月中旬~9月 屋外 (雨の当たらない風通しのいい所)

室内ではレースのカーテン越しの場所に置きます。
できれば5月中旬~9月までは屋外に置き、50~70%位遮光します。 木陰に置くのも良い方法です。
梅雨時などの雨の多い時期は鉢を軒下などへ移します。

胡蝶蘭の水やり
3月~5月 乾いたら与える程度
6月~7月中旬 1~2日に1回
7月中旬~8月 朝夕2回
9月~10月 1~2日に1回
11月 1週間に2回くらい
12月~2月 1週間に2回を目安に。
植え込み材が乾いたのを確認してから与える。
胡蝶蘭の施肥
10月~3月 肥料は不要
4月~7月初旬 液肥を規定量に薄めて月に2~3回
7月中旬~8月 肥料は不要
9月いっぱい 液肥を規定量に薄めて月に2~3回
胡蝶蘭の植え替え 本格的な植え替えは春の植え替え時期に行いますが、
秋口、根が傷んでいたり根腐れをしていたら水ゴケを取り替えます。
また、鉢から根が飛び出していたらそのまま一回り大きい鉢に根を崩さずに植えます。




胡蝶蘭の植え替え方法

鉢から根が飛び出したり、葉が大きくなりすぎた株は植え替えます。
そのまま栽培を続けると根詰まりや根腐れを起こすので注意が必要です。
また、胡蝶蘭が寄せ植えだった場合、株が過湿になりがちです。
できれば、1株づつに植え替えを行いましょう。
コチョウランの植え替えの適期は3月中旬から5月上旬です。
花が終わってから行いましょう。


まず、花茎を3~4節残して切り戻し、株を鉢から抜き出します。
古い水ゴケを取り除き、黒く変色している根は切り取ります。
使用するハサミは必ず消毒しておきましょう。
根を整理したら、
根を水ゴケでくるむようにしてそのまま鉢に植えます。
通気性の良い素焼き鉢を使用すると良いでしょう。
植え替え直後は根が弱っているので、水も肥料も吸収しにくく
なっています。1週間~10日くらいは水も肥料も控えます。
乾燥している場合は、霧吹きで水を与えましょう。
直射日光も避け、明るい室内で管理します。
2年に一回程度、新しい水ゴケで植え替えを行うと、
毎年花を咲かせることも可能です。

港区(新橋・浜松町・六本木・汐留・赤坂・虎ノ門・台場・麻布・芝・芝浦・大門・白金・高輪・三田・田町 等)
千代田区(東京・秋葉原・大手町・神田・御茶ノ水・霞ヶ関・日比谷・有楽町・麹町・新御茶ノ水・半蔵門・丸の内・飯田橋・岩本町・内幸町・紀尾井町・九段・番町・永田町・平河町・三崎町 等) 
中央区(銀座・日本橋・人形町・京橋・築地・明石町・入船・勝どき・新川・新富・月島・佃・八丁堀・晴海・湊・八重洲 等) 
品川区(目黒・大井町・大崎・五反田・武蔵小山・荏原・大井・品川・小山・戸越・中延・平塚・二葉 等)
新宿区(新宿・四谷・高田馬場・神楽坂・市谷・大久保・歌舞伎町・信濃町・早稲田等)
渋谷区(渋谷・恵比寿・代々木・原宿・代官山・上原・宇田川町・大山町・神山町・桜丘町・笹塚・猿楽町・松濤・神宮前・神南・千駄ヶ谷・道玄坂・富ヶ谷・南平台・西原・幡ヶ谷・鉢山町・初台・東・広尾・本町・円山町 等)
目黒区(自由が丘・中目黒・学芸大学・都立大学・目黒・祐天寺・大岡山・洗足 等)
文京区(春日・後楽園・水道橋・大塚・音羽・春日・小石川・関口・千石・千駄木・本郷 等)
江東区(新木場・木場・有明・永代・枝川・清澄・豊洲・門前仲町 等) 
台東区(上野・浅草・秋葉原・入谷・駒形 等) 豊島区 中野区(新井・中央・野方・本町・南台・大和町・弥生町 等)
大田区(石川・大森・蒲田・馬込・山王・田園調布・羽田・雪谷 等) 世田谷区(赤堤・池尻・大原・奥沢・尾山台・上馬・北沢・上野毛・用賀・経堂・豪徳寺・駒沢・桜・三軒茶屋・下馬・新町・玉川・等々力・三宿 等)
墨田区 葛飾区 足立区 杉並区 板橋区 江戸川区 練馬区 北区 荒川区 東京 23区
  ※お時間の指定がある場合配送業者を使うこともございます

ご注文・お問い合わせは
ページトップへ